リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリのイメージ写真

リハビリテーション(リハビリ)は、主に教育的、職業的、社会的、医学的の4分野があり、整形外科領域で行うリハビリは、その中の医学的リハビリテーションになります。
これは、心身の機能や構造に障害が生じ、生活に支障をきたした状態を医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことを言います。

リハビリテーション科では、病気やけが、老化、手術などで生じた機能障害を理学療法(運動療法や物理療法)などによって、起き上がる、立つ、歩く、座るなどの基本的な動作が行えるよう、機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目的とした診療科です。
傷害を受けた身体や運動機能が可能な限り回復できるよう、お一人お一人の患者さまに応じたリハビリテーションを行います。

リハビリテーション科の対象となる主な症状

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • スポーツ活動に早く復帰したい
  • 手術後のリハビリテーション など

理学療法について

なお医学的リハビリテーションの中でも整形外科の対象となる運動器を中心としたリハビリテーションには、理学療法、作業療法、義肢・装具療法といった種類があり、当院では基本的な動作能力の回復を図る、運動療法や物理療法による理学療法が中心となります。

運動療法とは運動によって身体機能や運動機能の改善・維持を図ろうとする治療法です。
主に関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練、運動協調性訓練、歩行訓練といったことを行うことで、痛みや可動域制限、筋力低下、筋機能低下、バランス低下などを防ぐようにするものです。
患者さまご本人の自然治癒力を増進させるのが目的で、高い効果が期待できます。

一方の物理療法は、物理的エネルギーを利用する医療方法で、温熱・電気・水といった物理的な作用を加えることで身体の治療を行います。
これらの刺激により、それに対する生体反応を利用して機能の改善を目指すというものです。

具体的には、お湯につけて熱くなったパックを患部に当てて血流をよくする温熱療法、水の流れや水圧によって患部をマッサージする水治療法(ウォーターベッド)、体のある部分に引く力を加えることで関節変形、拘縮(関節の動く範囲が狭くなった状態)などに対する治療を行う牽引(けんいん)療法、電気の刺激で治療する低周波療法(患部に電流を流す治療)などを行います。
これらの効果は、運動療法のサポートにもなります。