リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリのイメージ写真

リハビリテーションという言葉の語源はラテン語で「Re(再び)+Habilis(適した)」という意味で、すなわち「再び適した状態となる」や「本来あるべき姿へ戻る」などの意味を持ちます。
その上でリハビリテーションとは病気やケガなどにより心身に生じた機能障害(運動機能障害、脳血管障害、呼吸・循環障害、精神障害など)を可能な限り回復することを指します。

当院にてリハビリテーションの対象となり得る方

  1. スポーツ場面でケガをされた方や競技のパフォーマンスを向上させたい方
  2. 交通事故でケガをされた方
  3. 慢性的な疼痛で悩まれている方
  4. 整形外科的手術後で後遺症に悩まされている方
  5. ケガの予防をしたいけど何処に相談してよいかわからない方
  6. 運動不足を感じている方
  7. 身体のケアをしたい方

当院で受けられるリハビリテーションについて

主に前述した運動機能障害に対し、まずは医師からの治療(薬物療法・注射・装具療法など)とリハビリ(運動療法や物理療法)を組み合わせながら疼痛やその他症状の改善を図ります。並行して日常生活上での症状の改善や機能回復に向けた取り組み(各動作や自主トレーニング、ストレッチなど)をその方に合った方法でアドバイスさせていただきます。
個別でのリハビリであるため、個々の患者さんに合った目標やプランを立案し、ご提案致します。

現在当院では2名の理学療法士により個別リハビリを行っています。2名ともサッカーや野球、ゴルフ、ボウリングなどのスポーツ経験があり、スポーツで悩みを抱えている方のケアなども積極的に行っております。
「ケガはしていないけど、ケガをしないための予防は?」や「症状は落ち着いたけどまた痛みが出たら…」とお考えの方などの相談も承りますので、一度当院へご来院下さい。

理学療法士の前歴として総合病院や他の診療所、老人保健施設、有料老人ホーム、などでの経験を活かして小さなお子様からご年配の方まで全力で対応させていただきます。

リハビリの手段として・・・

運動療法

手技や器具、または患者さん自身の力を使いながら筋力Upや関節可動域の拡大、柔軟性の向上などを図ります。主に機能回復や身体能力向上に向けての治療です。

物理療法

熱や電気、水などの物理的なエネルギーを利用して行う治療で、主に医療機器を使用した治療です。

上記を組み合わせて個々の患者さんの目標達成に向けて努めてまいります。

  • 個別リハビリは担当制・完全予約制(キャンセルが出た場合は当日での診療も可能)となります。予めご了承下さい。
  • 個別リハビリをご希望の方は診察時にお申し出下さい。
  • 個別リハビリの場合、予約時間を10分遅延した場合はキャンセル扱いとさせていただきます。他の患者さんのご都合もありますので、ご理解・ご了承下さい。
  • 物理療法のみでの治療も可能です。その際は予約なしで来院が可能です。
    →初診方は先に診察を受けていただく必要があります。
  • 当院ではなるべくお待たせしない医療を提供していくことを目標に掲げておりますが、物理療法の場合、医療機器の数に限りがありますので、お待たせしてしまう場合があります。ご理解・ご協力をお願い致します。
  • 当院では脳血管障害の方もリハビリを行うことが可能です。