整形外科

整形外科とは

整形外科のイメージ写真

身体を動かす際に必要とされる器官のことを総称して運動器と言います。
運動器には、骨、関節、筋肉、神経などがありますが、整形外科ではこれらで起きた外傷や疾患などについて診察・検査・治療を行います。
治療をするにあたっては、保存療法と手術療法の2つに分けられますが、整形外科領域の多くは保存療法から行われます。
なお保存療法には、ギプスなどによる固定法や局所安静、安静臥床だけではありません。
鎮痛を目的とした薬物療法や注射療法、徒手矯正・徒手整復、リハビリテーション(理学療法、作業療法)などがあります。

対象となる疾患は、主に日常生活で日頃より感じている、肩こり、腰痛、膝痛、手足のしびれ、神経痛といった症状から、打撲、捻挫、骨折といった外傷までがその範囲に含まれます。
なお外傷については、交通事故や労災事故が原因による場合も含まれます。
お気軽にお問い合わせください。

また新生児からお年寄りの方まで、幅広い世代の方を対象としているのが整形外科の特徴でもありますので、運動器にできた腫瘍や先天異常などの先天性疾患についても遠慮なくご受診ください。
なお、乳児・幼児、児童につきましては、小児整形外科で診療いたします。

親切・丁寧な初期診療(プライマリ・ケア)の結果、医師が必要と判断した場合は適切な医療機関へのご紹介をいたします。

こんな症状はご相談ください

  • 肩や首が凝る
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • ぎっくり腰を起こした
  • むち打ち症になった
  • 手や足などが痺れる
  • 手指がこわばる
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷、やけどなどの外傷を負った など

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

首の痛み、肩のこり

  • 頸椎症
  • 頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頸肩腕症候群

肩の痛み

  • 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)
  • 腱板損傷

腰の痛み

  • 腰椎捻挫
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症
  • 骨粗鬆症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離・すべり症
  • 坐骨神経痛

足の痛み

  • 足底筋膜炎
  • 有痛性扁平足

足指の痛み

  • 痛風
  • 外反母趾
  • 巻き爪(陥入爪)

肘の痛み

  • 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)
  • 肘内障
  • 肘部管症候群
  • 変形性肘関節症
  • 離断性骨軟骨炎

膝の痛み

  • 変形性膝関節症
  • 靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • オスグッド病(小児)
  • 関節水腫、関節ねずみ

手・手首の痛み

  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎
  • 手指変形性関節症

指の痛み

  • 突き指
  • デュピュイトレン拘縮
  • ばね指(弾発指)
  • ヘバーデン結節

ももの付け根の痛み

  • 変形性股関節症
  • 単純性股関節炎

手のしびれ

  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 手根管症候群
  • 頚椎症性神経根症
  • 頚椎症性脊髄症

足のしびれ

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎分離症