自費診療

エクエル

エクエルのイメージ写真

40代からの女性で、手指や関節の痛みを感じることが多くなった方がいらっしゃいます。
リウマチじゃないのか?何かの病気ではないかと思われることがあると思います。勿論、そのような病気のこともあり、レントゲン撮影や採血で検査が必要ではあります。
しかし、そのような方のなかで、エストロゲンの低下(更年期)が原因であることがわかってきました。
エストロゲンにはα作用・β作用があることが知られております。
α作用は、乳腺・子宮・卵巣に関わるものであり、作用は、骨、滑膜、靭帯に関わるものです。α作用が減弱すると、閉経を迎えます。
β作用が減弱すると、一番有名なこととしては骨粗鬆症があり、滑膜などに炎症を起こすことにより、へバーデン結節(指の第一関節の変形・痛み)、ブシャール結節(指の第2関節の変形・痛み)、手根管症候群、バネ指などの腱鞘炎、その他関節炎を引き起こします。

エストロゲンが減少していることが、症状の原因であるならば、エストロゲンを投与することが理にかなっておりますが、エストロゲンを投与するとα作用まで刺激することになり、わずかな可能性ではありますが、乳がんなどを引き起こすことも考えられます。

そこで、β作用のみを刺激できればいいことになります。
薬剤では、β作用のみを刺激するものは現在、存在せず(骨粗鬆症のお薬では一部ありますが)大豆からできたサプリメントを摂ることにより、それが期待できることがわかってきました。
大豆から作成したサプリメントですので、大豆アレルギーの方以外は安全に摂取することが可能であります。
2から3ヶ月ほど、内服を継続していただくと症状が緩和するとも言われております。

ご興味のある方は、当院で販売しておりますので、お気軽にスタッフにご相談ください。
価格:4,320円(税込)1ヶ月分